中古車にも車両保険は必要?不要なケースや節約のコツを解説!

公開日:2023/10/15  最終更新日:2023/06/16

節約

新車を購入した際に、車両保険をつける方は多いでしょう。中古車を購入した場合は、車両保険をつけるべきなのか悩む方が多いようです。この記事では、中古車にも車両保険は必要なのか、車両保険の検討ポイントについて解説していきます。保険料を抑えたい方に向けて、保険料を節約するコツも紹介しますので、参考にしてみてください。

中古車にも車両保険は必要?

車両保険とは、車の修理費を補償するための保険です。事故に遭った場合、車が損傷する可能性が高いため、加入する方が多いでしょう。自動車保険料のうち、車両保険が大きな割合を占めます。そのため、車両保険をつけると、保険料が高くなります。

新車を購入した際は、車両保険をつける方が多いですが、中古車を購入した場合は、車両保険はどのように考えたらよいのでしょうか。車両保険の金額は、車の時価相当額で決まります。年式が新しい車に比べると、年式が古い車は時価が下がるでしょう。

損害が大きければ、修理費を車両保険で賄えない可能性があるのです。また、車両保険を使用すると等級が下がってしまい、翌年の保険料が上がってしまいます。車両保険をつけるのかどうかは、車両保険をつけたときの保険料と、車両保険金額のバランスを考えなくてはいけません。

さらに、いざというときに、自分で負担できる金額はどのくらいなのか、バランスを考えて検討しましょう。

中古車の車両保険の検討ポイント

中古車に車両保険は必要なのか、検討するべきポイントを紹介します。

ローンで購入した

中古車をローンで購入する方も多いでしょう。万が一ローン返済中に損害を受けた場合、ローンの支払いに加えて、修理費または買い替え費用も必要になります。年式が古い中古車を購入した場合、時価相当額が安く、十分な保険金がもらえないかもしれません。

しかし、保険金をローン返済や修理費に充てることが可能です。修理費や買い替え費用だけを考えるのではなく、経済的な負担を保険金で賄えるのかどうかを考慮することが重要です。

修理や買い替え費用を必要としていない

車が損害を受けた場合、数十万円の修理費用が必要になります。修理が不可能であれば新しく車を購入することになるでしょう。万が一のときに、修理や買い替えに対応できる経済力があるのかどうかが検討ポイントとなります。

自分の貯金で賄えるため、車両保険は必要ないと考える方もいるのです。反対に、車がないと困るがまとまった修理費を用意するのが難しい方は、保険料の負担は大きくなりますが、車両保険をつけておいた方が安心です。

また、中古車の場合、大きな損害を受けていなければ修理しなくてもよいと考える方もいます。しかし、修理しないと劣化しやすくなり、下取り額に影響が出てしまうケースもあるので、十分に検討する必要があります。

車の時価相当額が低い

車両保険は、時価相当額によって金額が決まります。購入した中古車の時価相当額が低い場合、十分な保険金を設定できません。数十万円程度の少額しか設定できない場合は、支払う保険料とのバランスを考える必要があるのです。バランスが合わないと判断した場合は、車両保険はつけなくても問題ありません。

中古車の保険料を節約するコツ

中古車の保険料を少しでも抑えたいと考える方も多いでしょう。ここからは、保険料を節約するコツを紹介します。

エコノミー型の保険にする

車両保険は、一般型とエコノミー型があります。エコノミー型は補償範囲が狭くなり、自損事故や当て逃げなどが補償の対象外となりますが、その分支払う保険料が安くなります。保険料が高くてためらっている方は、エコノミー型にすることを検討してみてもよいかもしれません。

免責金額を増やす

車両保険の免責金額を増やすと、保険料は安くなります。免責金額とは、自己負担金額のことをいうのですが、免責金額が5万円、修理費用が30万円だとします。その場合、5万円は自己負担となり、残りの25万円は保険金で支払われるのです。

免責金額が増やすと、保険会社が支払う額が低くなるので、支払う保険料が安くなります。

保険会社を一括見積りする

保険料は、保険会社によって金額が異なります。今の保険料が高いと感じている、保険料を見直したいと考えている方は、自動車保険の一括見積りを利用してみましょう。

一括見積りは、車の情報や個人情報を一度入力するだけで、複数の保険会社の見積りをとれます。一括見積りをすると、今よりも安い保険料の保険会社が見つかるかもしれません。

まとめ

中古車であっても、ローンを組む方や、修理費や買い替え費用などのまとまった金額を用意できない方は、車両保険をつけておいた方がよいでしょう。反対に、万が一のときに修理費や買い替え費用を自己負担で賄える場合は、車両保険をつける必要はないと判断してもよいのです。

車両保険の金額と保険金、自己負担できる金額のバランスを考えながら必要かどうか検討することが重要です。保険料を節約したいと考えている方は、免責金額や補償内容を見直したり、一括見積りをしたりすることで、保険料を安く抑えられるかもしれません。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

SUVの人気は年々高まり、選択肢も多様化しています。この記事では、初めてSUVを購入する人や詳細な情報を知りたい人に向けて、異なる種類のSUVや購入時に重要なポイントを紹介します。自分にぴっ
続きを読む
ミニバンは広い室内と機能性で知られ、大人数の移動やアクティブなライフスタイルに適しています。この記事では、ミニバンの特徴や向いている人の特徴、購入時のポイントに焦点を当てて解説します。自分に
続きを読む
ワゴン車は広い室内と多彩な機能が特徴で、家族やアウトドア派に好まれます。一方で、大型であるための駐車や燃費に注意が必要です。この記事では、ワゴンのメリット・デメリットを掘り下げ、購入前に知っ
続きを読む