車を購入する際にかかる費用を安く抑えるテクニックとは?

公開日:2022/04/01  最終更新日:2022/05/13

値引き交渉

車の購入にかかる費用は決して安くはありません。しかし、その中でもできるだけ費用を抑えて、賢く購入したいですよね。ここでは、車を購入する際にかかる費用、安く抑えるテクニックなどを紹介します。これから車の購入を検討している人はぜひ参考にしてください。この記事を読んでお得に車を購入しましょう。

車を購入する際にかかる費用

車を購入する際には、実にさまざまな名目でお金がかかります。たとえば「車自体のお金」「自動車税環境性能割」「自動車重量税」「リサイクル料」「消費税」「車検料」などです。

自動車税環境性能割の税率は、自動車の燃費性能等に応じて決まります。これは、「燃費の悪い車はそれだけ環境負荷が高いので、地球温暖化対策にそぐわない」「電気自動車や環境性能のよいプラグインハイブリットを政府としてどんどん売ってもらいたいので、古い車には買い換えてね」といった政策的な側面があり、燃費性能の悪い車は高い税金がかかるようになっています。

同時に、電気自動車、天然ガス自動車(平成30年排出ガス基準適合又は平成21年排出ガス基準NOx10%以上低減)、プラグインハイブリッド自動車、クリーンディーゼル乗用車(平成30年排出ガス基準適合又は平成21年排出ガス基準適合車)は上記の政策的な事情もあり非課税になっています。

自動車重量税は、「重い車はそれだけ道路に負担がかかり、整備の必要性を増大させるので、その分多く税金を払ってね」という側面があります。それゆえ、軽自動車が最安で、車体の重量が重くなればなるほど税金が高くなる仕組みになっています。

リサイクル料は、購入時に車両の廃棄にかかるお金を払い、適切な再利用を促進するという意味合いで存在します。自動車は廃車になっても、金属、部品、ゴムなど有用な資源として再利用されます。その反面、必要ないものの不法投棄などが後を絶たないため、その監視の意味合いもあります。

車検料は、引き渡してからすぐに運転できるようにするには必要です。厳密にいえば、車検が切れている車を購入することは可能ですが自走できないので、購入と同時に行ってもらうのが一般的です。

この他、車庫証明費用、納車を自宅にするのであれば、納車時の輸送費用、ナンバープレートの取得費用などがかかります。手続き関係を業者に依頼するのであれば、その代行費用も発生しますが、簡単なので時間があれば自分で行うことをおすすめします。

車を購入する際にかかる費用を安く抑えるテクニック

前述のとおり、車の購入には多くのお金がかかりますが、費用を抑える方法はかなり限定されます。費用を安くできるのは、「車自体の価格」「納車、手続き代行関係、車検料のお金」くらいです。

当然、税金関係は交渉しても減額されません。一番減額が期待できるのは車自体のお金です。新車であれば中古車よりその金額は大きくなるでしょう。これを狙うなら、適切な購入時期を狙いましょう。販売側も商売です。どんどん売って利益をあげなければなりません。

そのため、「売りたい時期」が存在します。それは、会社の決算期である2月、3月、夏冬のボーナスの時期です。販売側の営業マンもこの時期は多くのノルマを抱えており、販売額がそのまま自分の給料に直結するため、減額が期待できる時期なのです。

ぜひとも検討車種を2つか3つ用意して見積もりを営業マンにぶつけてみましょう。減額だけでなく、オプションの付与などの方が対応しやすいなどの事情もあるので、話の中から有意義な内容を引き出してみましょう。ただし、営業マンも人です。無理な値引きや要求は逆効果です。節度を持って交渉しましょう。

とくに人気車種、売れ筋のものは、他に顧客を掴んでいることも多くあります。その場合は、減額交渉の必要がないと考えている場合も多いです。また、入れ替え車のモデルチェンジ時も狙い目です。新しい車種が出たら、古い車種は在庫として抱えたくない早く売りたいものになります。これらを積極的に狙うことは非常に有用な手段になります。「最新の設備でなくともよい」「新車であることが重要」と考えている方はぜひ狙ってみましょう。

車の購入費用をさらに安く抑えたいなら中古車も検討してみよう

上記のように述べた減額術は、中古車にも当てはまりますが、主に新車に対していえることです。中古車は、さらに多くの事情を考慮するべきです。中古車は車両の状態、車検の残り、修復歴の有無、どのような販売ルートかなどによって同じものでも値段に数十万から数百万にまで幅があります。

それゆえ、新車に比べて圧倒的に値段を落として購入することも可能です。「修復歴あり」「車検残無し」「走行距離が多い」などは値段を下げるのに充分な要素です。「車検は安いところを知っている」「走行距離はとりあえず乗れればよいから、気にしない」などと考える方には中古車がおすすめです。

中古車には「新車でなければ乗りたくない」という要素を除けばデメリットを補って余りある価格的なメリットがあることを覚えておきましょう。同時に販売側のいうことを鵜呑みにせず、しっかりと車の状態、使用歴、整備歴などをチェックして購入する必要もあるので、一長一短といえるでしょう。

 

車を購入する際にかかる費用、費用を安く抑えるテクニック、中古車購入の検討について解説してきました。車の購入には多額のお金がかかりますが、考え方一つでそれを大幅に減額できます。まずは、自分が何を重視して車を選ぶのか考えてみましょう。そうすれば、納得のいく車が見つかるでしょう。

 

おすすめ関連記事

検索

【その他】石垣島の車販売店一覧

【NEW】新着情報

みなさんタイヤの空気圧を定期的にチェックしていますか?車検やタイヤ交換のタイミング以外ではチェックしていない、という人も少なくないのではないでしょうか。実は、タイヤの状態は燃費と密接なつなが
続きを読む
せっかく軽自動車を購入するならできるだけお得に購入したいですよね。大きな買い物であり頻繁に買い替えなどしないため「いつ購入するのが一番お得なのかわからない」という方もいると思います。軽自動車
続きを読む
中古車の購入時によくあるトラブルをご存知ですか?せっかく中古車を購入しても、トラブルが起きてしまっては嬉しい気持ちも半減してしまいます。 今回は、そんな中古車購入時によくあるトラブルをご紹介
続きを読む